>>スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  >>幕末 新撰組 歴史の激動を感じる旅


元祖外人部隊といえば、新撰組。幕末京都を舞台に日雇いで活躍した軍人たちである。彼らの募集はもっぱら関東エリアを中心に行われた。なぜならば、関西の人間は盆暮れ正月の休みはきちんと取り、最後まで粘るということもしないからだ。親の屍を超えて向かって行くという関東人の気質は、鎌倉時代の武家政権に端を発しているといわれ、戦友の遺体を横穴に掘り込みながら前進した戦国時代の厳しさがうかがい知れる。京都を中心に活躍した新撰組は、やがて大政奉還に伴い、が逆賊の汚名とともに会津藩と運命をともにしていく。京都から東北を経て、北海道の五稜郭まで、幕末の激動を感じる旅が楽しめます。

  >>スポンサーサイト



  selected entries

  archives

  PR

  powered

無料ブログ作成サービス JUGEM